クロスチェーンのインターオペラビリティを使用して暗号通貨トレーダー、ホルダー、ブロックチェーンエコシステムのステークホルダーからの流動性を集約するオンチェーン流動性プロトコルである、Kyber Network プロトコルの統合により、ユーザーはマルチ分散型取引所にアクセスできるようになりました。デジタル資産の交換はオーダーブックなしのインターフェースで行われ、暗号通貨トークンを即座に交換する自然な方法を提供します。今後、真の「マルチDEX」を実現するために、より多くの流動性を実現するためのプロトコルを追加します。

「我々の使命は、シンプルでシームレスなインターフェースを介して、金融サービスへの分散された、トラストレスなアクセスを提供することです。Kyber プロトコルは、すべての Trust Wallet ユーザーに、資産を即座にトレードし、ERC20 トークンの流動性の大きなプールを活用するためのより多くのオプションを提供します。私たちは常に先を見据えており、エコシステム内により多くのプロジェクトとプロトコルを統合していくことで、よりユーザーにとって暗号通貨がアクセスしやすいものになるよう努めていきます。」とファウンダー兼 CEO の Viktor Radchenko は言いました。

外出先でのトレード

先月、我々は Binance DEX のネイティブウォレットサポートを発表しました。これにより、Binance Chain に構築された分散型デジタル資産交換所に、ほぼ瞬時のトランザクションファイナリティをもってアクセスできるようになりました。Kyber Network プロトコルを使用することで、ユーザーは流動性プールへのアクセスが容易になり、Kyber Network のオープンアーキテクチャを介した即時決済が可能になります。

無限の可能性

新しいマルチ DEX エクスペリエンスは、取引方法に無限の新しい可能性をもたらします。あなたがコーヒーショップにいて、ショップ側はあなたが Trust Wallet で保有しているものとは異なる暗号通貨を支払い手段としたいと考えていることを想像してください。今なら、この統合によって、デジタル資産をコーヒーショップで受け入れられるものに即座に交換することで、コーヒーの代金を支払うことができます。また、トークンを交換してから、組み込みの DApp ブラウザを介して dApp で使用することもできます。

分散型世界への信頼できるゲートウェイ

Trust Wallet は、暗号通貨へのアクセスと利用をより簡単にすることに重点を置いて、Ethereum ウォレットからマルチ暗号通貨ウォレットへと移行してきました。 単なる暗号通貨ウォレットであるだけでなく、ユーザーは数百の分散型アプリケーション(dApp)にアクセスでき、比類のないシンプルさと使いやすさを備えた直感的なモバイルインターフェースを介してさまざまなブロックチェーンのトランザクションが可能です。このリリースにより、トレードの方法と場所を自由に選択できるようになります。外出先でモバイルでも、自宅の快適なデスクトップでも、トレードすることができます。