Trust Wallet アプリが Dash (DASH) トークンを保管するための Dash ウォレットとして利用できるようになりました。本日より、Trust Wallet モバイルウォレットの便利な機能から Dash 暗号資産を簡単かつ安全に送受信できます。

新しいアセットを有効にするには、右上のプラス記号をタップしてから、Dash 右側のスライドバーをもう一度タップして有効にします。

Dash とは

Dash は、決済に重点を置いたオープンソースのピアツーピア暗号通貨です。Dash は、ポータブル、安価、分割可能、高速といったお金の形態を提供します。最小限のトランザクション手数料で、オンラインや対面での支払いに利用できます。Bitcoin プロジェクトに基づいて、 Dash は世界で最もユーザーフレンドリーでスケーラブルな決済システムになることを目指しています。

どのような仕組みなのか

Dash は、Bitcoin と同様、ブロックチェーンと呼ばれる全てのトランザクションが記録された分散型台帳に基づいています。ブロックチェーンはコンセンサスメカニズムによって保護されています。Dash や Bitcoin は、Proof of Work (PoW) というコンセンサスメカニズムを採用しています。ただし、Dash は Bitcoin と少し異なり、2層のネットワークを持っています。2番目の層はマスターノード (フルノード) によって作られており、これにより金銭的なプライバシー、インスタントトランザクション、分散型ガバナンスと予算システムが可能となります。

Decentralized Governance by Blockchain (DGBB)

プロジェクトにおいて決定を下す中央の権限がないため、分散プロジェクトのガバナンスは困難になります。Dash では、このような決定はネットワーク、つまりはマスターノードの所有者によって行われます。DGBB システムでは、各マスターノードが各提案に対して1回の投票 (yes/no/abstain) ができます。提案が成功した場合、Dash の開発者はそれを実装する (またはしない) ことができます。マスターノードはネットワークに重要なサービスを提供するため、マスターノードシステムは Proof of Service (PoSe) と呼ばれます。実際、ネットワーク全体はマスターノードによって監視されており、マスターノードはマイナーによって不適正に作られたブロックを拒否する権限を持っています。

今後について

この数週間、我々のチームは3つの新しいコイン (Bitcoin、Litecoin、Bitcoin Cash) のリリースと UI および UX のいくつかの必要な改善に精力的に取り組んできました。また、Android のリリースでいくつかのバグを解決する必要がありましたが、現在はすべて順調に動作しています。今後、Dash リリース後のパフォーマンスと安定性を注意深く監視していきます。すべてが正常に機能した際は、今後数週間でさらに多くの新しいコインを提供できるようにしたいと考えています。

Trust Wallet ベータプログラムへの参加

活発で魅力的なベータユーザーコミュニティの支援により、このような短い時間で最近の Android のバグを修正することができました。開発プロセスに積極的に参加したい場合、および最新の修正プログラムや機能を含む最新リリースを使用したい場合は、Trust Wallet ベータプログラムにサインアップすることをお勧めします。