Harmony (ONE) ウォレット

Trust Wallet をダウンロードして、 Harmony (ONE) とビットコインやその他暗号通貨やブロックチェーンを利用してみましょう。資産をコントロールできるのは自分自身だけです。モバイル端末であなたの暗号通貨の送受信、保管そして交換を行うことができます。

harmony mockup

Harmonyとは?

Harmonyは、分散型アプリケーションのための、高速でオープンなブロックチェーンです。 Harmony は安全でランダムなシャーディングを実現しています。Harmony のメインネットは、複数のシャードで数千のノードをサポートし、数秒でブロックを生成し、瞬時にファイナリティを得ることができます。Harmony のステークメカニズムは、ステークの委任、報酬の複合化、ダブルサインスラッシングをサポートしながら、中央集権性を抑えています。 Harmony はまだ分散化が十分ではないのでしょうか?Harmony は、大規模なコミュニティによって運営され、管理されるノードのオープンネットワークを構築することを目指しています。 公式サイトである harmony.one! をみてみましょう。ここで月次のニュースレターをお楽しみください。 harmony.one/newsletter.

どのような仕組みなのか

Harmonyのコンセンサスプロトコルは、シャーディングやパイプラインなどの設計原理を用いてトランザクション処理を並列化しています。これにより、Harmonyは接続レイテンシを効果的に処理することができ、スループットをネットワークの規模に合わせて拡張することができます。CPU性能とセキュリティを向上させたプロトコルを実行するために、無駄のない、ミッションに特化したカーネルを開発しています。また、これにより、より多くのデバイスのセットがより分散化されたネットワークのコンセンサスに参加できるようになります。Harmonyは、よりスマートなメッセージ伝播とより高速なコンセンサス形成のためのネットワークエンジニアリング技術を実装しています。ネットワークトポロジーを理解することで、高度に並列化されたプロトコルを実行することができます。

何を解決することを目的としているか?

Harmonyは、企業がファンジブルトークン(エネルギークレジットやポイントなど)とノンファンジブルアセット(ゲームのアイテムや不動産など)のマーケットプレイスを構築するのを支援します。 Harmonyは、消費者のプライバシーを保護しながらデータを共有するためにゼロ知識証明を適用しています。一般的な業界での使用例としては、アドエクスチェンジ、クレジットレーティング、その他多くのデータコンソーシアムがありますが、このようなコンソーシアムは競合する企業間で形成するまでに何年もかかります。

プラットフォームの強み

  • 安全でランダムなステートシャーディング Harmony は、最高の研究結果を商用化することで、ブロックチェーンのトリレンマを乗り越えました。シャーディングは、セキュリティと分散性を損なうことなくブロックチェーンを拡張できることが証明されています。 Harmony では、ネットワークノードだけでなく、ブロックチェーンのステートもシャードに分割し、マシン、トランザクション、ストレージの3つの側面すべてにおいてリニアにスケーリングします。 シングルシャード攻撃を防ぐためには、シャードごとに十分な数のノードと、定期的に再シャードするための暗号的なランダム性が必要です。各シャードは250のノードを持ち、ビザンチン行動に対する強力なセキュリティを保証しています。予測不可能で偏りのないシャードメンバーシップのために、Verifiable Random Function(VDF)を使用しています。
  • 即時ファイナリティを備えた早いブロック承認 Harmony は、ブロックトランザクションの高速なコンセンサスのために、実戦的なPractical Byzantine Fault Tolerance (PBFT)を革新しました。このFast BFT(FBFT)は、Harmonyのメインネットにおいて、低い取引手数料と1ブロックタイムのファイナリティを実現します。 Boneh-Lynn-Shacham (BLS)の一定サイズの署名を用いて、1ラウンドのコンセンサスメッセージでブロックをコミットします。また、敵対的なリーダーや利用できないリーダーに対しても、生産性を変えずに8秒のブロックタイムを達成しています。 Harmony のメインネットは2019年6月に立ち上げられました。このネットワークは、公開取引されているネイティブなONEトークンで20k+の取引で10M+のブロックを生成しました。
  • 効率的な PoS & トークンエコノミー Harmonyは、ネットワークのセキュリティと経済性のために、斬新なProof-of-Stake(PoS)メカニズムを設計しました。このEffective Proof-of-Stake (EPoS)は、中央集権を減らし、何千ものバリデータに報酬を公平に分配します。 このステーキングメカニズムは、委任と報酬をサポートしています。100%の稼働率と完全にオープンなネットワークへの参加をサポートするために、EPoSは二重署名をしたバリデータをスラッシュし、選出されたにもかかわらず動作しないノードにはペナルティを与えています。 Harmony の経済モデルでは、年間発行量の上限を4億4100万トークンとしています(長期的には約3%のレート)。このモデルは、バリデータにシンプルで予測可能なリターンを与えます。すべての取引手数料は償却され、ネットワークの使用率が高くなったときには、自然とゼロインフレになります。

今すぐ Trust Wallet アプリをダウンロード!

最も信頼され安全な暗号通貨ウォレット