Thunder Token (TT) ウォレット

Trust Wallet をダウンロードして、 Thunder Token (TT) と主要なブロックチェーンを利用してみましょう。資産をコントロールできるのは自分自身だけです。モバイル端末であなたの暗号通貨の送受信、保管そして交換を行うことができます。

thundertoken mockup

ThunderToken とは?

ThunderToken は、ThunderCore ブロックチェーンの基盤となるトークンです。ThunderCore は、高速で高性能な Ethereum 互換のパブリックブロックチェーンです。 つまり、同じ言語とツールセットを使用し、完全に分散された信頼により、分散アプリケーションにスケールをもたらします。それは、より高いスループット、より速い承認時間、および低コストで実現されます。それは本質的に安価で高速な Ethereum と言えます。この技術は多くの潜在的なアプリケーションを開放します。 ThunderToken は、Ethereum ネットワークにおける Eth のような、ThunderCore ネットワークのネイティブオークンです。ThunderToken は、ThunderCore ネットワークでのガス料金の支払いに使用されます。

どのような仕組みなのか

Thunder プロトコル (“Thunderella” プロトコルをベースとしたもの) は、コーネル大学の教授である Rafael Pass と Elaine Shi により長年の研究の末に開発されました。プロトコルの各ステップは完全に定義されており、数学的な証明に裏付けられています。ThunderCore は、標準の Ethereum ブロックチェーン (低速パス) と最適化された「高速パス」を備えたハイブリッドコンセンサスメカニズムを使用しています。高速パスでは、コンセンサスノードによって形成された委員会が、1秒以内にトランザクションを確認するために1回の投票を完了します。堅牢なDDoS耐性のある分散システムであるアクセラレーターはコンセンサスノードのネットワークを調整します。ユーザーは、アクセラレータやコンセンサスノードを信頼する必要はありません。正直な多数派を信頼すれば良いだけです。 アクセラレータが正直に行動し、ネットワークの状態が良好で、委員の3/4が正直である限り、トランザクションは常に高速パスで発生します。ただし、前述の条件のいずれかが満たされない最悪のシナリオでは、システムは低速パスにフォールバックし、 Ethereum のような従来のブロックチェーンの速度に減速します。したがって、投票が失敗するというまれなシナリオでは、問題が解決されるまで、プロトコルは自動的に標準ブロックチェーンを使用して動作し続けます。

ThunderToken は何を解決しようとしているのか?

ThunderCoreは、既存のブロックチェーン、特に Ethereum のスケーラビリティの問題を解決することを目的としています。ユーザーや開発者が使っている、既存のツール (MetaMask)、dev-opsツール (Truffle)、プログラミング言語 (Solidity) は使えるようにして、問題を解決したいと考えています。

ThunderToken の特徴は?

スケーラブル:

高スループット: Ethereum のテストネットのスマートコントラクトで 1000+ TPS 高速でほぼ瞬間の承認: 1秒以内のブロック承認時間

安価

低いガスコスト: 低いトランザクション手数料 低い再デプロイコスト: Ethereum 完全互換

EVM 互換性

Ethereum スマートコントラクトおよびそのツールチェーンとの完全な互換性 簡単な移行: ソースコードを変更する必要はなく、RPCをThunderに変更するだけ

コンセンサス

委員会サイズが可変な PoS 何百もの投票ノードが稼働しているパブリックテストネット。研究に基づいて最適な委員会のサイズが選択されます

今すぐ Trust Wallet アプリをダウンロード!

安全なマルチコインウォレット