Ethereum (ETH) ウォレット

Trust Wallet をダウンロードして、 Ethereum (ETH) と主要なブロックチェーンを利用してみましょう。資産をコントロールできるのは自分自身だけです。モバイル端末であなたの暗号通貨の送受信、保管そして交換を行うことができます。

ethereum mockup

ユニバーサル

Trust Wallet は ERC20 や BEP2、ERC721 トークンをサポートする最高の ethereum ウォレットです。Trust Wallet は Ethereum エコシステムの主要なブロックチェーンである、Ethereum や Ethereum Classic、Callisto もサポートしています。現在 Ethereum 上に構築されている 20,000 を超えるトークンに Trust Wallet アプリからアクセスすることが可能です。

シンプルで直感的

Trust Wallet は、Ethereum と全てのトークンを管理するための統一されたウォレットアドレスを提供します。つまり、同じアドレスを使用して、ICO やエアドロップに参加したり、Ethereum を送受信したりできます。Trust Wallet は直感的で分かりやすいにも関わらず、たくさんの便利な機能が詰まっています。

安心・安全

Trust Wallet はユーザーのセキュリティと匿名性を第一に考えています。主な原則は以下の通り:

  • クライアントベースのインフラにより、秘密鍵は利用者のデバイス上にのみ保存されます
  • 銀行レベルのセキュリティはデジタル資産を潜在的な脅威から保護します
  • アプリケーションレベルの認証システムはロック解除されたデバイスからの不正なアクセスを防止します

Ethereum とは?

Ethereum はパブリックでオープンソースな、仮想マシンのピアツーピアネットワークです。そして、ブロックチェーンベースの分散コンピューティングプラットフォームおよびオペレーティングシステムとも言え、スマートコントラクト機能を持ちます。つまり、誰でも利用できる分散型のスーパーコンピューターとも言えます。Ethereum は Ether や ERC20 トークンなどのデジタル通貨の所有権の追跡に利用されることが多いですが、広範囲の分散型アプリケーション(dApps)もサポートしています。Ethereum ウォレットとしての機能を持つTrust Wallet はEthereum 専用のウォレットとしてスタートした当初から進化を続け、マルチ暗号通貨ウォレットとして Ehereum の ERC20 トークンやその他の暗号資産を保管できるようになりました。

どのような仕組みなのか

Ethereum ブロックチェーンは Bitcoin に似ていますが、提供するプログラミング言語によって開発者はスマートコントラクトの開発を行うことができます。 従来の契約では条件の結びつきについて概説されるところについて、スマートコントラクトではコードで記述するによって条件を満たすことを確認します。このソフトウェアにより、事前に定義された条件に達した際に自動的に契約を実行することができ、手動で手続きを行うことに伴うコストや遅れを排除することができます。 簡単な例を挙げると、Ethereum の利用者は、特定日に特定の量の ether を友人に送るというスマートコントラクトを作成することができます。このコードをブロックチェーン上に書き込み、契約が完了するとすぐに(つまり、合意された日付が到来するとすぐに)、ether は自動で相手側に送信されます。 この基本的なアイデアはもっと複雑な設定にも適用することが可能であり、その可能性は無限大とも言えます。すでにいくつかのプロジェクトでは、 保険、不動産、金融、法律、クラウドファンディング など、様々な分野での適用が進んでいます。

Ethereum の特徴は?

スマートコントラクト

Vitalik Buterin は Bitcoin の安全なトランザクション技術を拡張し、抽象的なレベルでトランザクション自体が契約によって保護されているということを発見しました。契約は、一方向または双方向の交換の約束を保証する2者間の合意です。彼は Ethereum 仮想マシンを次を念頭に置いて開発しました; ブロックチェーンネットワーク上のトランザクションは両当事者の合意を元に自己執行され、パブリックブロックチェーンの台帳に記録されるべきです。 この自己執行により、契約は「スマート」になり、ビジネスの責任、ひいては新しい経済を実現する新たな世界を切り開きます。 スマートコントラクトのメリット:
  • 仲介者を排除することで、利用者による完全なコントロールの実現や余計なコストのカットに繋がります
  • パブリックブロックチェーンに記録され、暗号化され、複製されることで、全ての参加者が市場活動を見ることができます
  • 手動で手続きを処理するのに必要な時間と労力を省きます。ただし、スマートコントラクトはまだ改善の余地がある新しいシステムであることを忘れてはいけません。当然ながらコードは記述された通りに動くため、エラーや脆弱性を含むスマートコントラクトを作成してしまうと意図しない結果を招き、元に戻すことができず、資産の損失につながる可能性もあります。

分散型アプリケーション

分散型アプリケーション (dApp) は、トラストレスなプロトコルを用いた完全な分散型ネットワークを形成する多数のユーザーおよびノードによって動作されるアプリケーションです。dApps は単一障害点や集中的なコントロールを避けるように設計されています。計算力を提供することのインセンティブとしてトークンを提供することが一般的です。

トークンとコインの違いは何でしょうか

トークンとコインは人によって呼び方が異なり、同じものでもある人はトークンと呼び、ある人はコインと呼ぶことがあります。実際、それらは両方ともデジタル資産であり、価値の移転が可能です。通常、コインは ETH や BTC、LTC のようにネットワーク自体に存在します。対してトークンはブロックチェーンのアプリケーションによって構築されるデジタル資産と言えます。Ethereum ネットワークでは、ERC20 という規格に沿って構築されたアプリケーションによってトークンが作られています。

今すぐ Trust Wallet アプリをダウンロード!

安全なマルチコインウォレット